ABOUT

wochi-j.shop
wochi-j.shop
tsuda033.stores.jp

『吉祥の実は種となり、やがて世界の森となる。』 失いたくないもの。 日本ならではの卓越した技や、名工が生み出す伝統工芸品の美しさ、 自然豊かな水と緑の星・地球。 置き物として室内に飾り、愉しむことが多かった工芸品を、 身にまとふ和の伝統工芸美として、新しく仕立て直した『WOCHI』は、 目の前で失われつつある大切なものを「守りたい」と強く願う心が起こした、 とてもシンプルで一途なアクション。 「もとに戻る」「若返る」と言う意味を持つ日本の古語【復ち/をち】をブランド名に、 木の実をモチーフとした和の工芸アクセサリー、そのすべてに縁起のいい吉祥文様をあしらって。 『WOCHI』の恩恵を少しずつ地球に還元しながら。 小さな吉祥の実が種となり、芽吹いた1本の木が林へ、森へ。 やがて世界の、そして地球の、大きな癒しになりますように。 輝きは何度でも取り戻せる。 『WOCHI』 和の伝統工芸美「を ち」。 伝統的な日本の技を今に継承する匠たちの手によって、削り、磨かれ、生み出されるアクセサリー。 続く未来がどうぞ幸せでありますようにと、吉祥文様に願いを託して。 エシカル × 工芸 よそほひは自分自身を表現する主張。美しいものを愛する キモチに理由などない。性別や年齢、国籍を超えて心のままに。 いつまでも、何度でも、輝く人へ。吉祥の実「を ち」 support carbon neutral 一粒の実がやがて木になり、森になる日を目指して。 日々、地球環境は急激な速度で悪化しています。 「関心がない」「誰かが何とかしてくれるだろう」「何をすればいいのか分からない」など、想いは人それぞれですが、近年、頻発する自然災害や異常気象に危機感を抱き、「何か行動を起こさなければ」と考える人も増えてきているように思います。 私たちは物質的な豊かさや便利な暮らしと引き換えに地球を汚し、環境悪化を招く要因を作ってきました。 本当に、このままでいいのでしょうか? ネイティブ・アメリカンのことわざに、“地球は祖先から受け継いだものではなく、未来に生きる子孫からの借りもの”という意味合いの言葉があるそうです。汚したものを少しずつでもキレイにしていく。できることから、すぐに始めてみる。 これは、今を生きる私たちの責務です。 地球環境を守る具体的な活動の一つとして、私は世界中に樹を植えます。 少しぐらい樹を植えても何も変わらないと笑う人もいるでしょう。 それでも、私は無関心でいたり、何もしない批評家になりたくありません。 自ら問題解決に取り組む「意志」と「行動」が大切だと思います。 世界中の人々が、少しずつでも行動を起こせば、小さな力も大きくなります。 WOCHI(をち)はその活動を継続していくために起ちあげたブランドです。 美しい地球を守ために。皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。 support carbon neutral WOCHI製品の売り上げの一部は、 ◉植林活動への参加 ◉海水浄化のための植林への寄付 ◉森林火災等で焼失した世界中(オーストラリア・アマゾン・東南アジアなど)の森林再生活動への寄付 ◉アグロフォレストリー活動への寄付など、カーボンニュートラルの活動を応援していきます。 ※活動の様子は、サイト内のニュースを通して、随時ご報告します。